トップ

▶ Jr

頭が良すぎる事は困りもの...

土曜日に幼稚園の親子面談がありました。

前夜から嘔吐を繰り返していたJr。
6時に起きてとりあえずサッカーの用意をしていたらJrが「優希も行くからちょっと待って」と言ってトイレへ。
そこでゲロゲロゲロ、ぶりぶりぶりだったので欠席決定。
嫁とJrが「行く!」「行けない!」の喧嘩をしている間に外へ出て集合場所へ行って欠席を伝えました。

午前中に近くの医者へ行き薬を飲んで昼食を食べてからいきなり元気になったJr。
変わりに嫁がダウンしたので2人で幼稚園の親子面談へ行きました。

園内に入るとマスクをした先生もちらほら。
「息子は昨日から具合が悪くて...」と報告すると「流行ってますから」との返事。
それでも息子は先生達に連れられてどこか遊びに言っちゃいました。

そして問題の面談の時間がやってきました...



まず英語クラスの先生。

入園当初から言われていた「頭が良い」がここでも炸裂。
13年間幼稚園や小学校で教師をしていて息子ほど頭の良い子供は恐らく初めてじゃないかとの事。
ただその頭の良さが災いしてかなり手ごわい生徒で、このままインターの小学校へ進級した場合確実に退学になると言われました...

香港のテレビで子供の頭を良くする色々な粉の宣伝をしていますが、逆に頭が悪くなる粉なんて無いですからね...

授業の内容は全て把握していてやる気がある日は問題ないんだけど、やる気のない日が最悪だと言われました。
そうです常日頃から悩んでいる「おふざけJr」です。

本当に小さい頃から人を笑わせる事が好きで自分もずっと笑っていたい性分なのは良いのですが、真面目な雰囲気なときなどやらなくて良いところで発動します。
そして周りの子供達も面白く真似するので「おふざけJr」が発動すると授業が出来なくなるそうです。

そして問題はその頭の良さを使って責任転換をしたり正当化したりするわけです。
悪い事と分かっているから性質が悪いそうで正直困り果てているそうです。

去年まではそれが災いして先生に嫌われていて、それを知っていたJrはますます手のつけられない子供だったそうですが、今年の先生は良いところもしっかり見ていてくれとても好いてくれているのでそれだけでも助かっています。

とにかく良いこの日を増やす為にどう対策を練りましょうかとの相談が殆どでした。

うちも「おふざけJr」に困っているので幼稚園の日舞をやらせたり、サッカーチームに入ったりしているんですが、とりあえずそれらは良い方法だと言ってもらっているので様子見です。


そして日本語クラス


内容は殆ど同じでした。
最近家で夕飯の後座らせて字を書く練習をしている成果が出てきているのか依然放棄していた字を書く練習はやるようになり少しずつうまくなっていると聞いてほっとしました。
ただ授業妨害や昼寝妨害は一向に良くならない様子でこちらもお困りだそうな...

怒っても無駄、褒めると調子に乗ってふざける...
話していても5歳と話しているのではなく大人と話しているようでなんでこんなに頭が切れるのか不思議な域まで達しているそうな。
とにかく口が達者。
言われているこちらとしては「口から生まれてきたようですから...」「クレヨンしんちゃんと同じですからね...」くらいしか言えず相手も否定せず苦笑い。
もし先生達が言うようにJrの頭脳が小学生レベルであってもどうしようも無いですからね...

周りの立場関係、この人は許してもらえる人か、今はこれをやるとどうなるかなどの状況を把握する力が他の子供より長けていてそれをうまく使いながら自分の好きなように物事を持っていくところがあるようです。
それを把握した上で怒られても大人が言い返せないような口答えをしたり、子供であるところをうまく使って甘えてみたりと先生としては本当に弱った存在らしいです。

ここでもサッカーの事やら我々夫婦が考えている事を説明して「様子見」という見解になりました。

僕から見るとそんなに頭が良いように見えないんだけどな...
[PR]
by jukmann | 2010-11-08 15:09 | ▶ Jr | Comments(0)

だるい + 兄さん = だるにー            香港在住30年のおっさんが香港での生活をまったり日記にしているブログです。


by jukmann
プロフィールを見る