トップ

▶ 香港

タイムスリップ

b0026822_13002314.png
87年8月に撮った香港サイドからのTST
飛行機が通るので当時は九龍側に高層ビルは建てられなかったんですよね

先日30年前の香港引越しの時のお話を書きましたが、今日は30年前香港に住んでいた場所に行ってみました 。



前職の同僚と湾仔で昼食をした後、昔乗っていた25番のバスに乗りました。このバスはセントラルと日本時小学校があるブレーマーヒルを結ぶバスで、天后から山を登って行きます。
結構急な坂道で最初の頃2階建バスが倒れるんでは?と心配でした。

高校の時2年間このバスに乗って金鐘から帰っていたのに降りる場所をすっかり忘れていて、ブレーマーの山を登りきって降りるとる途中で降りてしまいました。
b0026822_18353365.jpg
坂道を下りていくと2番目に住んでいたマンションが先に出てきます。
b0026822_18353321.jpg
香港生活2年目で落ち着いてやっと念願の広いマンションへの引越し。
b0026822_18353328.jpg
そこからの景色は海と対岸のカイタック飛行場が見れて、ベランダからよく景色を眺めていました。
学校の友達がよく遊びに来ていて、韓国人の友人とソウルオリンピックの中継を見たのをよく覚えています。
この頃は既に香港に対する気持ちがプラスに変わっていて、反抗期も終わり、インターの学校の生活をマックスに楽しんでいた頃でした。

台風が来ると建物は雲の中にすっぽり入り、雷がなると辺りが緑になったり紫になったりとすごく幻想的になるのを見て感激しました。
ただここでの生活は父親の会社の都合でわずか1年で終わることに…

子供だった僕的には学校のある九龍サイドで駅から近いところに引っ越せたので嬉しかったですが、こんな高級住宅での生活からローカルで暗い美孚での生活は母親にはストレスだったようです。

坂道をもうちょっと降りると香港で最初に住んだマンションに着きます。
b0026822_18353346.jpg
バーーン!

所沢で高層マンションなどなかったのでこのでかさに圧倒されました。
b0026822_18353207.jpg
特に隣の建物は崖に乗っかっているような作りでいつ倒れてくるのか怖くてここの下は通らずいつも道路を渡っていたのを覚えています。たまにここの景色はまだ夢に出てきます。

最初のマンションですが、残念ながら良い思い出がないんです…
b0026822_13002212.png
とにかく香港に移ってきたことを呪って、英語の勉強に苦しんで、日本の友達が恋しくて、香港が嫌いで…というマイナス思考が半年くらい続いたのかな。

5月から学校入学の9月まで友達もいなく、とにかく部屋に閉じこもって全く分からない英語を幼稚園の絵本レベルから始めて、とりあえず机に向かう毎日。
b0026822_13002399.png
人生初めて部屋にラジオが許され、ほとんどの時間をぼーっとよく分からない洋楽ポップを聞いて過ごしました

数ヶ月後には全て授業が英語になるのにすごく不安とプレシャーになり自傷行為まで至ったりと、とにかくあの頃は苦しかったです。
周りの家族にも本当に迷惑をかけました。

そして学校生活が始まり、頭上の雲が消え去り周りが晴れ渡るのに時間がかかりませんでした。初日で友達が出来て、周りには同じく英語があまりできない日本人が数人いたり、始めて異色人種と机を並べる経験は新鮮で毎日が冒険で人生最高の時間が始まりました。

と言っても最初の1年半は英語漬けです。

家庭教師に塾(British Council)に英語会話教室に通いながら、毎日出される宿題を2時3時までやる毎日。
b0026822_13002201.png
家庭教師のMr. William とても優しい人でした

イギリス教育では作文形式が多く、歴史など何ページもの資料を読んだ後に1000文字作文を書く宿題が出されるので、まずはその資料を読むのに夜中までかかって、結局半分も理解できないのに作文を書いていました。

当然点数はめちゃくちゃで、2年コースの1年目は最低得点、そして先生の計らいで2年目にやり直せるコースワークをやり直してできるだけ最終点数を稼ぐようにしました。
b0026822_18353240.jpg
ということで、この1件目については本当に良い思い出がないんですが、記念すべき海外初の住んだ場所として今日ここに来ました。
b0026822_18353291.jpg
坂道をちょっと行くと小さいショッピングセンターがあります。

昔はWellcomeと屈臣氏だったと思いますが、今では下にMannings、下にMarket Placeに変わっていました。
ここの思い出は、Wellcomeに入った時の柑橘系の匂い。これは日本と違って異様な匂いであまり好きではありませんでした。
台風が来るとお米とトイレットペーパーを買い占める当時の香港人の習慣を始めて目の当たりにしたのもここでした。

屈臣氏は香港に来て勉強ばかりだったので、百万ドルの夜景のジグソーパズルを買った場所としてよく覚えています。
あと日本の整髪料と違い保持力がなかったので剛毛の僕の髪の毛に会う整髪料を探すのに苦労したのと、友達との会話ようにSmash Hitsという雑誌を買っていたのも屈臣氏でした。
b0026822_18353124.jpg
坂を少し戻ると炮台山へ降りる階段があります。

どちらかというと徒歩が好きな僕は、毎朝25番で銅羅湾まで行くのではなく、この階段から炮台山まで歩いていました。
b0026822_18353117.jpg
この階段は結構急で、たまに夢に出てきます。
b0026822_19205555.jpg
途中遠くにピークが見えます。
b0026822_18353404.jpg
雲景道、ワンギンドウは最初に覚えなくてはならなかった広東語でした。
これイギリス人に言ったら皆爆笑していたんですが、その意味を知った頃にはここには住んでいませんでした。
b0026822_19243756.jpg
そしてFortress Hillまで坂道を下がっていきます。
b0026822_19255414.jpg
こんなぶっ壊れたようなオブジェがあるのは覚えていませんが、かなり古そうなので恐らく30年前にもあったんでしょう。
b0026822_19260340.jpg
北角への道で街市を歩きましたが、ど真ん中にトラムが走るのは香港らしくていいですね。
b0026822_19255928.jpg
無職、真夏日ということであの頃飲んでいたサンミゲルで乾杯!

思い出の香港巡りでした。
[PR]
by jukmann | 2017-06-06 19:29 | ▶ 香港 | Comments(0)

だるい + 兄さん = だるにー            香港在住30年のおっさんが香港での生活をまったり日記にしているブログです。


by jukmann
プロフィールを見る
カレンダー