トップ

▶ 香港

南国香港にも冬の訪れ

b0026822_12592462.gifこのところ香港も寒くなってきました。

夏場にはいつもクリスマス前まで半袖で大丈夫と平気で言ってしまうんですが、実際のところ11月末には湿気も下がり夜間は15度を切るくらいになります。

そして昨日から最低気温11度(スタッフからは10度を切っているとの情報)を行く寒さでとうとうコート登場。

それでもレストランや事務所ではガンガン冷房をつけているんです…
以前風邪気味の人が冬に冷房が効いているバスで凍死したとか聞きましたが、この時期香港にいれば信じられる話です。

香港で住んでいると日本にいる時より寒さに弱くなります。
その理由は:

1.ビルなどの設備が夏向け
2.冬物の衣服は外身だけで実際保温機能が無い(ダウンジャケットでも厚さ5ミリ程度)
3.汗腺が開ききってしまっている

1番に対しては厚着等で対応しますが、2番は香港より寒い国(日本等)で買い物をしなくてはなりません。
確かに登山用ブランド等で防寒着なるものを売ってますがスタイル的にキツイです。

問題は3番です。
確かに人間の身体は気温に応じて汗腺を開け閉めある程度出来ますが、もともとの開き具合が普段生活している気候に合わせて順応してしまうようなのです。
日本から香港へ越してから最初の1,2年、夏の暑さがたまらなかったのに冬は現地の人が大げさに見えるくらい平気でした。

そしてイギリスへ行った時に逆が発生し大変でした。

引っ越したのは2月の一番寒い時。暖房は高いと言われていたので極力使っていなかったのですが、衣服は香港から持っていったもので全然対応できていない状態でした。
この時に初めてリュウマチなるものを経験しました。
まだ19だったのに朝右の腰から下は痛さとしびれで動かなくなり毎日体が温まるまでハイハイ…

しかし2年目、3年目と時間経つにつれ冬の寒さも順応出来るようになり痛かったのはギターからくる腱鞘炎だけになり7年経って香港へ戻りました。

そして今度は夏地獄...
しかし最初の冬は上着無しで過ごした記憶があります。

今年で帰港8年、この中途半端な寒さがひざを突き刺す今日この頃です。
[PR]
Commented at 2005-12-06 17:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by jukmann | 2005-12-06 13:25 | ▶ 香港 | Comments(1)

だるい + 兄さん = だるにー            香港在住30年のおっさんが香港での生活をまったり日記にしているブログです。


by jukmann
プロフィールを見る
カレンダー