トップ

- 香港

中国の1児政策による妊婦香港流出問題

今朝中国の友人がめでたく2人目のお子さんを授かったという朗報がありました。



実はこの子供が香港で生まれなくてはならなかったと知らされ思うことがありました。





増えすぎた人口を...とガンダムでも問題にしている人口増加に伴い中国では1979年より計画出産(一人っ子政策)が導入され今も続けられていますが、この2人目のお子さんもその枠組みの中に入ってしまい、もしも中国本土で出産した場合政府よりUSD2万5千の罰金が課されるという事で仕方が無くその子を香港で産んだそうです。

USD2万5千といえば香港ドルおよそ20万、日本円では300万という盛進国でも辛い金額。
単純に国の法律なんだから生まなければ良いじゃんと言ってしまうのは簡単ですが、もし出来てしまったらどうします?

昨日ニュースで出産の為に国境を越えてくる妊婦達の規制を強くすると報道していましたが、実際本土から流れ出てくる妊婦の数が多く香港内の各病院でも香港市民である妊婦に対して十分な対応が出来なくなっているのが返還後問題になっています。

息子が生まれた時も病棟では本土の方達が大半を占めていたのも記憶に新しいです。

あまり数字には強くないんでフォローが必要になりますが、本土の妊婦さんに対して病院では3万ドル程の頭金をもらい出産してから子供が香港市民となるのでその頭金は丸々返還され、その上書類上では孤児と扱われるので手当ても出るそうです。
これを知った香港市民は怒るのは当たり前ですね。
市民にはそのような手当てが降りる訳でもないし、不法侵入(大概は旅行で香港へ侵入)して来る人達の為にベッドを明け渡し、その上入院費用なども払わなくてはならないわけですから...。

この問題は返還後10年もの間香港市民よりおかしいではないかと言われているのに「基本法」の適切なる解釈として香港政府がこういった人達の受入れに対して基本的な姿勢を変えていないのも北京からの圧力があるから。
北京には香港市民は勝てないですからね...。

そしてその友達の子供ですが、中国の戸籍が取れないので将来毎日国境を越えて学校に通わなくてはならないとか。
そんな状況では「難民」とみなすしかないですよね~。
でそういう子供達は中国で3000~4000万人いると言いますから今すぐ法を変えて解決って訳にはいかないでしょう。

結局誰が得しているんだろう...。
[PR]
Commented by たけ蔵 at 2007-01-23 21:22 x
日本とは全く逆の問題がおきているのですね。
日本は少子高齢化先進国。
将来、子供がいなくなる。
老人ばかりで、労働力がなくなり、国力は衰えていく。
中国の難民を日本人として育てていけばうまくいくかなぁ???
事は単純ではありませんね。
Commented by jukmann at 2007-01-29 18:51
国が生むなと言えば生んで、生んでくれと頼めば生まなくなる...。
子育てから得る幸せ<子育てにかかる費用や苦労になってしまっているのもそうですが生む事よりも育てる方に消極的なので中国から子供達をつれてきても育てようという人達が簡単に出てこないのも事実でしょう。
中国本土で日本人として養うには日本国が全てを免除することにしなくてはならないし、逆にそうすると4000万人どころか億単位で日本国籍を取得しようとする人達が出てくるだろうし...

でもその国で生まれるべき子供を国が放棄して他国に押し付けるとは凄い国です中国は。
by jukmann | 2007-01-23 13:31 | - 香港 | Comments(2)

香港から30年ぶりに帰国して単身で頑張っているおっさんです。


by jukmann
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31