トップ

▶ 香港

東尖沙咀

昨日初めてKCR(九龍広東鉄道なるもの)にて東尖沙咀駅に行く機会がありましたので感想です。

2年前までTSTのニューワールドの上の某事務所にて勤務していた頃、支店長が何かあると「これからはTSTが香港の中心になるんだぞ、そしてこのニューワールドがその中心だ」みたいな事を言っていたのを思い出します。
その頃『だけどこの工事2007年まで続くんでしょ?そんなところに観光客が来るの?』みたいな事を静かにうだってたのを覚えてます。

確かにバス停の位置がころころ変わり、その付近を歩いていたり、バスを待っていると工事の騒音が酷く頭にささり、顔や手は砂まみれになるような状態。おまけに地下道がどんどん広がったおかげで横断歩道も少なくなり、どこへ行くにも苦手の階段を使って永遠と光の当たらないところを歩かなければならなくなったのにも不満でした。

b0026822_3101781.jpg
今月開通したKCRのTST延長はそのTST大改造プロジェクトの先駆けで、これからどう変化するのかこの疎い僕にはつかめないんです。

事前にKCR駅からTST中心まで徒歩8分と聞いていたので、大手町駅のような永遠と続く地下道を想像しあまり乗り気ではありませんでした。特にこの頃夕方から夜にかけて喘息が酷いんでその時間に歩くのはちょっと...

勤務するモンコクからKCRで2駅目、そのプラットフォームは新しいMTR(地下鉄)の駅に似たデザインです。
しかし何故この駅名は言い慣れた”Tsim Sha Tsui East”ではなく”East Tsim Sha Tsui"なんでしょうか?ま、既にTST駅は存在し、この駅はその東側にあるということでそうなったのでしょうけどなんか紛らわしい。

TSTイーストにて勤務する人達が海外からの出張者に説明する時:
「うちの事務所は尖沙咀東にありまして、電車で東尖沙咀駅のそばです」
と、
聞くところによると尖東(チムトン)は尖沙咀東部とかいう地区名の省略だそうです。なんだかわからなくなってきた...

午後7時前後に到着したのですが駅は閑散としていたのには驚きました。
改札からは半島酒店(ペニンシュラホテル)出口、チム東方面出口などあり、実際この駅はTSTのどの部分にあるのか未だわかりません。
とにかく一番長い道のりだろうと半島酒店方面へ出発しました。

地下道は長く、大理石(?)張りなのでビルケンを履いていた僕は滑って歩きにくく、雨の日の老人は大変だなと思いながら、ゴム製の視覚不自由者専用ガイドライン(というんですか?あのぼこぼこです)の上を歩きました。
途中に幾つもの地図が掛かっていて、地図好きな(単に迷子?)ご老人が一生懸命それぞれの地図を見入っていました。

結局8分の道のりなのか忘れた頃に九龍ホテル下のショッピングセンターに到着。ペニンシュラは一切この駅との連絡通路につながっていないのには頑なだな...と

外に出ればいつの間にかペニンシュラと九龍ホテルの間に出来た出口でした。


感想
九龍塔や沙田などの新界方面に住んでいるTST勤務の人達にはかなり便利じゃないかなと思いました。
でも駅名なんとかならないのかな...
[PR]
by jukmann | 2004-10-28 14:53 | ▶ 香港 | Comments(0)

だるい + 兄さん = だるにー            香港在住30年のおっさんが香港での生活をまったり日記にしているブログです。


by jukmann
プロフィールを見る