トップ

 - Man Utd

12試合で11点は過去31年で最悪

やはりユナイテッドの空砲について色々書かれてます。

今年のプレミアリーグ12試合でユナイテッドのシュート数はチェルシー、アーセナルに続く3位の156本、しかしその中で得点になったのが6.4%とリーグ最下位。

シュート数(順位)       得点率
1 Chelsea 167       1 Arsenal 19.5%
2 Arsenal 159       14 Chelsea 9.6%
3 Man United 156    20 Man United 6.4%

この数字をどう解釈して良いのか個人によると思いますが、僕の感想としては打ってるんだからその内得点率も上がるんじゃないかな?です。

これだけ得点数が少ないのは当時第2部(今のチャンピオンズリーグ)へ降格した1973ー74のシーズンだそうです。
ま、その頃はあのジョージ・ベストもいながらですからね...

                   V.ニステルローイ  ルーニー    スミス     サハ
試合時間(分)            519          314      815      341
得点                   2            1        3        0
ターゲット中/外           7/6           3/3     11/15     6/5
シュート精度             54%         50%      42%     55%
チャンスから得点へ         15%         17%      12%     0%
アシスト数               0            0         2       1

昨年度、リオが抜けてディフェンスが脆くなった時に、あえてストライカーのサハを無理やりフルハムから引っ張ってきて、ファーギーは「うちの問題はフォワードが足りない事だよ」と言い続けてましたね。
あの頃はvニステルローイの疲労を考えて彼を下げたりして、不仲説が出てきたりしましたが、スールシャールも結局今年も駄目、スコールズやギグスもFW+MFをこなす力も前ほど薄れてきてました。
その頃、皆ユナイテッドの守りについて批判してました。
リオ不在のおかげでリオの重要さがわかり、リーグ杯を明け渡した訳ですが、ブラウンやオーシェイ等の若手に機会を与えたり出来、現在エインゼを加えたハイレベルなDF陣を作り上げたわけですから、ファーギーは合ってました。
その彼も今の不発問題には頭を痛めているようなので心配ですが、あれだけの逸材をそろえてればその内バカスカ入れ始めると思うんですが、どうでしょう?

チームと試合状態についてファーギーは9割9分がた出来上がってると言ってますしね。
[PR]
by jukmann | 2004-11-09 11:04 |  - Man Utd | Comments(0)

香港から30年ぶりに帰国して単身で頑張っているおっさんです。


by jukmann
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30