Gig Guide : ★天草海坊主 : お休み   ★Helter Skelter Blues Band : 3月10日(金) フリンジクラブ 21時半より  ★Happy-Go-Lucky Big Band : 未定   ★マホトリホ: お休み   ★Slightly Funkish  未定~
トップ

だるいにーさんでだるにーです。
カテゴリ
最新のコメント
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
【クラブワールドカップ準..
from 最新キーワードチェック!
【ルーニー投入】について..
from 最新キーワードチェック!
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
<   2004年 10月 ( 55 )   > この月の画像一覧
浮気メール?
b0026822_1865135.jpg地下鉄セントラル駅にて。
必死に家や事務所でチェックできないメールを見ているみたいです。
[PR]
by jukmann | 2004-10-31 18:08 | ▶ 香港 | Comments(0)
僕の好きな香港飯 - 火腿蛋公仔麺
b0026822_17343764.jpg
これを無くして香港は語れません。

ようするに即席めんをレストランで食わせると言う日本ではおそらく考えられないものですがうまいんです。

特に食べるものがあまり美味しくない(中華はそこそこですがその他の勘違い飯はちょっと…)中国出張で助けられるのがこれでしょう。


実は台湾出身だそうですが、一般的にこうした即席めんを香港では公仔麺(ゴンチャイミン)と呼ばれ、特に朝食として楽しまれているようです。
麺の種類はこの麺がかたい公仔麺の他に日本の出前一丁や車仔麺(チェーチャイミン)などがあります。

スープは一般的に二通りで、即席めんに付いているものを出してくるところと、店で自慢のスープを何種類か出しているところがあり、やはり値段も異なってきます。
後者のスープにはビーフ、コンソメやチリ風味があるらしく、現地の人はお好みのトッピングに合わせて使い分けているようです。


b0026822_17481184.jpgこの日はまだ出産後でまだ妹が病院にいた頃だったので、買い物ついでに九龍城にて専門店を発見しトライしました。「車仔麺之家」です。

この写真を拡大して頂くと見えるんですが、一般的に下記のようなオプションをオファーしているところが普通です。

b0026822_1751616.jpgまずは特選特価セットです。
17ドルで3つのトッピングを選び、麺(中央)と汁(その下、カレーを含む5種類!)もお好みで無料で豆乳プレゼント。
暖かいお茶、コーヒーはそれに2ドル追加、冷たい飲み物は5ドル追加と書いてあります。


b0026822_17553171.jpg上級者にはその下の自選車仔麺。
トッピングは4ドル、5ドル、6ドルの種類から幾らでも選べて、それプラス麺が5ドル(出前一丁の場合7ドル)。スープ代は含まれているようです。
普通は上の写真の卵、ハム+野菜のように3つトッピングで形成されるようですが、この上級メニューから選ぶと1トッピングで合計9ドルラーメンを作ることも可能。
ま、そういう客にはあまりいい顔をしてくれませんが…

僕は一般的にハム(火腿)と卵(蛋)を頼みますが、皆さんも香港にこられる際独自の公仔麺を作ってみては?
お客さんでダック(焼鵞)をいれたりワンタンを入れたり(これは失敗)して毎回の出張の時色々と楽しんでいる人もいるくらいです。

即席めんの父安藤百福氏に教えてあげたいです。
[PR]
by jukmann | 2004-10-31 18:04 | ▶ 香港 | Comments(0)
旺角床屋案内 
b0026822_16594174.jpgもう1ヶ月ほど床屋に行ってなかったので先週行きつけのところ”Hair IDOL"へ。

旺角は西洋菜街、商店街の一角にある古いビル2,3階に2件床屋があります。
旺角中心街を見下ろす形で髪を切れるわけですが、このネーミングのセンスはどうかと…


b0026822_1741593.jpg下はヘアーアイドル、
上はヘアープロ。
アイドルがいるわけでもカリスマがいる訳でも無く、ただ20代の若者達が経営する(香港では)小奇麗な床屋です。
セントラル等にあるトレンディーなヘアドレッサーや香港中に精力を伸ばしずつあるエスプリの床屋と比べて価格は半分から10分の1とオヤジ床屋と対して変わりませんが、なんせ若い人達がやってくれるので一応それなりに切ってくれます。

オヤジ床屋に行くとまずモミアゲラインを耳横でスパッと切られてしまうので、モミアゲ派はこういったところをオススメします。

さて、
狭い階段を2階上がったところに行きつけの(ただ3階に行くのがかったるいからそうなりました)ヘアーアイドルがある訳ですが…しまった改装中!!
そこで切ってくれる担当の英語がうまいニコニコ好青年(いつも日本人女性を紹介してくれと頼まれます)は「任せるよ」で自分的にはイケてるカットにしてくれるのに残念…
仕方が無いので上のプロの方へ行きました。

いやー何か浮気してるようで気が進まない…
こんなところを下に見られたら絶対次に突っ込まれるなと思いつつ…

3階上るとあってあはり客は少なめ。
椅子の前に小型液晶モニターがあり香港映画を上映中、景色は2回よりもいいけど、外のネオンのフラッシュが気になる。

どこもそうですが、ナヨッた感じの男の子が丁寧に ナヨッた手つきで洗髪。
ここで”きもちー”という表情で目をつぶらないように必死にしかめっ面を通すだるにーでした。

ちょっとまってーん♡、とウインクしそうな洗髪少年が去った後に出てきたのが今日の担当。
年は20半ばから後半の濃い顔をした青年。またまたこれがうふふ♡みたいな人でした。
ま、その人の髪型は彼に似合った感じだったのでいつもの「任せるよ」にしました。

20分後、一言も会話を交わさずにそのお任せヘアーの出来上がり。
彼の趣味かだるにーヘアーはかなり男らしくなったのでした。
そこで出来るだけ男らしい声で「なかなかいいじゃん」と褒めたところ「ありがとう、うふ♡」というお返事を頂きました。
そして洗髪少年のサービスをしかめっ面で頂き退場。

最後のお勘定はおねーさんでした。
100ドル足らずでそこそこの結果をもたらしてくれたので良しとしますが、次は下の階が開いていることを願いながら笑顔で店を出るだるにーでした。
[PR]
by jukmann | 2004-10-31 17:27 | ▶ 香港 | Comments(0)
ファーギー「全然駄目」
とうとうファーギーはユナイテッドのプレーが杜撰だったことを認めたようですね。
試合後のコメントで

「駄目駄目、何でこうなるのかわからない。」
と僕たちみたいなことを言ってるし。

「うちぐらいのチームならこのようなカードにはもうちょっと良くやってもいいんだけど、ここで1点リードされてるようじゃきついよ。」
「ポーツマスの前線はスピードもパワーもあって良かったし…レッドナップは良いチームを作り上げたよね、これから色々なチームがここで苦しむと思うよ。」
「最初の勢いをそのまま継続しないと、ここのスゴイ声援に飲み込まれてしまうよ…」
相手チームにも白旗あげてるし、

これからのタイトルレースについて:
「もう上位の事なんか興味が無い、どうやってこれから上がっていくかが問題で、今日の負けは良くない。」
「とにかく水曜日のスパータ戦に向けて頑張ることだよね。」

試合の展開は先週のアーセナルみたいでしたが(終始押しているのにもかかわらず、後半にPKを許して、それから焦って攻撃をしてカウンターで決められる)更衣室での騒動はなかったようです。ま、ここでうじうじあのPKはとんでもないとか言っていたらベンガーと同じじゃんと言われますからね…

ところで勝ったレッドナップは謙虚です。

「すばらしい結果だよ」
「4月にぎりぎり勝った時は、ユナイテッドは違った感じだったし、うちもリーグ降下ぎりぎりだったけど…」
「今回の相手はキーンとvニステルローイを除いてるけど万全な状態でしょ。アレクス(ファーギー)は手なんか抜かなかったよ。」
「最初はやばかったけどなんとかなったよね。」
と喜びを素直に表していました。

で、今年のユナイテッドは大丈夫だそうです。
「アーセナルだってボームで誰がサウスハンプトン相手にやっと引き分けるくらい苦しむと思った?」ですって。
でもアーセナルは勝ち点1点もぎ取ってますからね…


注:以上のコメントですが英文から勝手に僕の解釈で訳してますので両監督がこんな事みたいなコメントをしてたよみたいな雰囲気だけ捉えて頂いたほうが宜しいと思います。
[PR]
by jukmann | 2004-10-31 15:07 |    - Man Utd | Comments(0)
Port 2-0 Man U
惨めな負け方をしました…

ポンピーのルアルアは光ってましたね。
ポーツマスはカウンターで行ったようですが、ユナイテッドのパスがあまりにもひどく、あれだけの数のカウンターを受けながら、ユナイテッドの中央はいつもがら空きでディフェンスもシルベスター頼り。あれじゃ勝てるわけが無い。
どれだけのポゼションがそれぞれにあったかはわかりませんが、ユナイテッドは一度として僕を椅子から立ち上げることは出来ませんでした。

敗因?
組み立て、MFでしょう。
結局ユナイテッドは守り+カウンターのチームには点を入れられないのです。
1、ピッチ中央での組み立てがなってない。
2、あまりにも点を早く取りに行こうとすれすれのパスが多く、前半にあげるパス殆どを読まれていた。
3、攻撃パターンの単純さ
4、DFが上がりすぎていて相手の前方へのロングパスに対応できていなかった。
5、ロナルド

試合中殆ど前に出ていたヘインゼとGネビルのスペースを特に狙われてそこにロングパスが行く。しかしシルベストルは深く守る為にオフサイドを取れない。
そこからポーツマスは一旦中にボールを戻す。ここでPネビルやリオがあわてて戻るんですが追いつかずにやばいタックルをする。
ここで真ん中にスコールズを含むユナイテッド陣が集まるんですが誰もボールをカットできない。
そう今日はユナイテッドがどれだけ相手のボールをただボーっと見過ごして奪うのが下手かわかる試合でした。

で、攻撃陣。
ルーニー+スミスで始まった前半。
やはり最初の流れを個人的なエゴか知りませんがロナルドが持ちすぎ、無駄打ち、球あげを繰り返しポーツマスに前半20分以内に主導権を握られてしまう。
僕はてっきり、ロナルドは今日下げて、スミスを入れて、トップはサハとルーニーかなと思ったのですが…
結局前半の殆どはギグスが右サイドに入りセットアップしてロナルドは左奥で来るパスをことごとく無駄にしてました。
でも今のユナイテッドに2人ストライカーは必要なのでしょうか?
それよりぽっかり空いている中央をどうにかしないと…

先週はホームとあってレフリーの判定がユナイテッド側に転びこんできて得点しましたが、今のチームじゃ誰とやっても勝てないでしょう。勝つには点を入れること。点を入れれないチームは勝てません。

今日は絶対勝たなければいけない試合なのに、こんな負け方をしたら本当に面白くない…
ルーニー、スミス、ロナルド、ギグス、とかの名前に頼らずチームとしてゲームをもう一度見つめなおして欲しいです。

あームカつく!

アーセナルは結局最後でぎりぎり同点まで持ち込んでますね…

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by jukmann | 2004-10-31 01:28 |          - PL | Comments(6)
ムトゥ解雇
コカイン使用を認めてFAからの処分待ちのチェルシーFWムトゥはとうとうチームから首になりました。
彼はもうちょっと甘く見ていたようですが...
過去のマラドーナと同じく本来2年間の出場停止処分になるはずが、リハビリを積極的にするという細工で停止処分を6ヶ月にしてもらおうと考えていたようです。
彼はチェルシー側もこの再生ムトゥをチーム側で暖かく見守ると思っていたのも誤算だったようです。

チェルシー側は麻薬使用者は断固と許さん!これで金を失っても仕方が無いでしょ!
と首をスパッと切ったようです。

これで2年間の停止処分も免れなくなりそうで、マラドーナのようなクラスじゃないからその後雇ってくれるクラブなど恐らくいないでしょうね。

離婚からスタメン落ち、監督とのいざこざでこれ。散々な1年でしたね。

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by jukmann | 2004-10-29 19:38 |  - サッカー | Comments(0)
頑張れUTADA!
かわいそうに、もう全米進出の結果が”失敗”みたいな事を書かれてますね...

個人的にはこのアルバム、歌詞面で???という部分が幾つかあったのと、曲と曲の構成や特徴が期待していたのとちょっと...ま、アルバム通して聞いたのはたったの2,3回ですからファンの方々に何も言う資格が無いと言われてしまうでしょうが。
ブリットニー等と対抗したのかわからないですがかなり歌詞が愛というよりセックスを押したようなものがあったのにちょっと恥ずかしくなりました。

”光”のテレビ消して私のことだけを見てよみたいな歌詞には『痛いとこ突いてるな...』と反省した事もありましたが、僕はそーゆー彼女が好きだったのでちょっと...

まだ若いんだし、良いものを沢山持ったシンガーなので諦めずに自分の信じる道を行って欲しいです。


Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by jukmann | 2004-10-29 15:55 | ▶ だるうだ | Comments(0)
だるにーフリンジ復活(予定)
書くことが徐々に無くなっているので仕方が無いので宣伝です。

11月12日(金)香港フリンジクラブにてバンドHelter Skelterの一員としてライブに参加します。

このバンドはStevie Ray Vaughan等のカバーをするブルースバンドで僕の知人は僕の加入について???って感じです。
先々月に友人のエリオットと1杯飲みにフリンジへ行った時に彼らが丁度演奏していた訳ですが。この時ギターはヴォーカルのヴィンセントのみで第2セットに入ったあたりからかなりヴィンセントの疲れが出てきた様子だったので最後にギターを借りて弾いたのが加入の始まりでした。

ヴィンセントとは4年くらいの付き合いで昔僕があちこちで弾いていた時に聴きに来てくれてて何度か彼のバンドへの勧誘があったのですが、いつもそのままになってました。

で、1ヶ月経ちましたが未だにリハとかやってません。
ブルースでヴィンセントもギターを弾くのである程度ぶっつけでも大丈夫だと思いますが、僕自身ギターを3年ほど全く弾いていないのでちょっと不安...
と言ってもなんか実感がわかないので話しがあってからまだ一度もギターを触っていない...ホント大丈夫?

昔ギターやっててやめた人達にはわかると思うんですが、何かもうギターで伝える事がなくなってしまったんです。
昔のバンド仲間達も皆プロになり腕も磨いているのに、自分は徐々に自分のギターに飽きが来てギターを持つだけでストレスになるくらいのアレルギー体質になってしまった。
まだ一応弾けるし、ある程度の事は出来ますが全部手先の誤魔化し。

ま、このバンドで何かまた新しい発見があり自分でギターを引き寄せれる機会になればまた違った方向に行くかもしれないですね。

とにかく、このライブ、キャンセルになるかも知れないんで、本当にやる事になったらまたお知らせします。
[PR]
by jukmann | 2004-10-29 13:30 |  - Helter Skelter | Comments(2)
英国サッカーに付きまとう悲劇
今週、イギリスではカーリングカップ、第3ラウンド戦が行なわれました。
僕がイギリスにいた1991年から97年の間はコカコーラカップと言われていたので正直ちょっとピンと来なかったのですが、もともと60年から80年はフットボールリーグカップと呼ばれていたそうで、その後にリトルウッズなどのスポンサー主催の名前になり今に至っているようです。
昨年はミドルズボロが見事にボートンを下して優勝し、焦点が一気にボロに行ったのが記憶に新しいです。

プレミア上位チームはこの下位ディビジョンに属するチームが参加するため、ファーストチームを起用するより若手を育てる場として捕らえる傾向があるようですが、下のリーグに属するチームサポーターはプレミアチームを相手にもしかしたらの結果を希望して異常に盛り上がる事もあるようです。

さて今週もこの異常な盛り上がりが残念ながら2晩続けて惨事に変わりました。

Millwall 0 - 3 Liverpool
ミルウォールと言えばそのサポーターに纏わるトラブル。
去年のFAカップ決勝戦まで進んだ意外なチームですが、この10年イメージをクリーンアップしようとホームとアウェーのサポーターの入り口を引き離すなど色々試みているようです。

しかし、やはり起きてしまいました...
試合中にミルウォールサポーター側から1989年に96人の死者を出してしまったヒルズブラ災害(訳はこれでいいんでしょうか?)を皮肉る合唱(というのかな?)が始まり、それに反応したリバプールサポーター側との衝突に至ったようです。

West Ham 0 - 1 Chelsea
試合前からハム出身のチェルシー選手達(Jコール、ランパードとダフ)に対してファンとの何らかのトラブルがあるんじゃないかと懸念されていました。
しかし被害にあったのはPSV出身でこの日得点を挙げていたケズマン。
得点後、ランパードがPKのためにウォームアップしている間に観客席から飛んできたミサイル(これってロケット花火?)に当たって頭部に負傷したそうです。

昨日のアーセナル・マンUの間でのトラブルに続き今度は観客のトラブル。一体いつになったらイギリス人(の中の少数派)はこういったトラブルをサッカーに持ち込まなくなるのでしょうか?
[PR]
by jukmann | 2004-10-28 17:21 |  - サッカー | Comments(0)
東尖沙咀
昨日初めてKCR(九龍広東鉄道なるもの)にて東尖沙咀駅に行く機会がありましたので感想です。

2年前までTSTのニューワールドの上の某事務所にて勤務していた頃、支店長が何かあると「これからはTSTが香港の中心になるんだぞ、そしてこのニューワールドがその中心だ」みたいな事を言っていたのを思い出します。
その頃『だけどこの工事2007年まで続くんでしょ?そんなところに観光客が来るの?』みたいな事を静かにうだってたのを覚えてます。

確かにバス停の位置がころころ変わり、その付近を歩いていたり、バスを待っていると工事の騒音が酷く頭にささり、顔や手は砂まみれになるような状態。おまけに地下道がどんどん広がったおかげで横断歩道も少なくなり、どこへ行くにも苦手の階段を使って永遠と光の当たらないところを歩かなければならなくなったのにも不満でした。

b0026822_3101781.jpg
今月開通したKCRのTST延長はそのTST大改造プロジェクトの先駆けで、これからどう変化するのかこの疎い僕にはつかめないんです。

事前にKCR駅からTST中心まで徒歩8分と聞いていたので、大手町駅のような永遠と続く地下道を想像しあまり乗り気ではありませんでした。特にこの頃夕方から夜にかけて喘息が酷いんでその時間に歩くのはちょっと...

勤務するモンコクからKCRで2駅目、そのプラットフォームは新しいMTR(地下鉄)の駅に似たデザインです。
しかし何故この駅名は言い慣れた”Tsim Sha Tsui East”ではなく”East Tsim Sha Tsui"なんでしょうか?ま、既にTST駅は存在し、この駅はその東側にあるということでそうなったのでしょうけどなんか紛らわしい。

TSTイーストにて勤務する人達が海外からの出張者に説明する時:
「うちの事務所は尖沙咀東にありまして、電車で東尖沙咀駅のそばです」
と、
聞くところによると尖東(チムトン)は尖沙咀東部とかいう地区名の省略だそうです。なんだかわからなくなってきた...

午後7時前後に到着したのですが駅は閑散としていたのには驚きました。
改札からは半島酒店(ペニンシュラホテル)出口、チム東方面出口などあり、実際この駅はTSTのどの部分にあるのか未だわかりません。
とにかく一番長い道のりだろうと半島酒店方面へ出発しました。

地下道は長く、大理石(?)張りなのでビルケンを履いていた僕は滑って歩きにくく、雨の日の老人は大変だなと思いながら、ゴム製の視覚不自由者専用ガイドライン(というんですか?あのぼこぼこです)の上を歩きました。
途中に幾つもの地図が掛かっていて、地図好きな(単に迷子?)ご老人が一生懸命それぞれの地図を見入っていました。

結局8分の道のりなのか忘れた頃に九龍ホテル下のショッピングセンターに到着。ペニンシュラは一切この駅との連絡通路につながっていないのには頑なだな...と

外に出ればいつの間にかペニンシュラと九龍ホテルの間に出来た出口でした。


感想
九龍塔や沙田などの新界方面に住んでいるTST勤務の人達にはかなり便利じゃないかなと思いました。
でも駅名なんとかならないのかな...
[PR]
by jukmann | 2004-10-28 14:53 | ▶ 香港 | Comments(0)