トップ

  - CL

一発レッドで敗退...

UEFAチャンピオンズリーグ
マンUtd 1-2 レアルマドリード
(合計 2-3)
マ: ラモス(48OG)
レ: モドリッチ(66)、ロナルド(67)

昨晩はさっさと寝て3時45分キックオフに起きて観戦。
序盤からレアルよりだったレフがUtd先制8分後に、ナニを一発退場。
50‐50のボール、ナニが足で取りに行き、頭で取りに来たアルベロアに接触。
当たり所が悪かったのか何なのか赤紙の理由は主審のみが知ること。
でもその判定にレアル側も仰天。
モリーニョもおかしく思ったらしくファーギーに気遣い、後半ロスタイムにチームの勝利を見届けずにさっさと去っていきました。

レッドまではユナイテッドが完全に試合をコントロールしていただけに...
主審はツイッターで以前レアルファンだというような事を発言してたとかしてなかったとか。

過ぎたことは仕方がないですので、気持ちを切り替えてFAカップ戦でチェルシー相手に憂さ晴らしをしてもらいたいです。




ダヘア

ラファエル(ヴァレンシア)  リオ  ヴィディッチ  エヴラ
●       ●       ●       ●
キャリック  クレバリー(ルーニー)
●       ●
ギグス                  ナニ
●                       ●
vパーシー  ウェルベック(ヤング)
●       ●


スタメンですが、ファーギーは予想を裏切る戦術を起用。
ルーニー無し、香川無し、ギグスを右、ナニを左、そしてリオとヴィディッチのSBコンビ。
タックルが上手く、落ち着いた判断が出来るギグスをロナルド対策として右サイドでの起用には驚きました。

とにかくカウンターをさせないように、レアルにボールを持たせ、自陣に進入したらプレスをかけるユナイテッドの戦術は見事に機能し、レアルは前半殆どチャンスを作れず。
そして後半いきなりユナイテッドが先制。
それからも持たせてカウンターでそのまま行けるかと勝利を確信したところにナニ退場。
そこでテレビを消して寝ようかと...

それでも10分間持ちこたえましたが、結局連続で2失点で事実上ゲームオーバー。
それからユナイテッドはなりふり構わず攻撃を仕掛けてましたが、努力は実らず。
ロナルドなんてわざとシュート外してたようにも見えました。
エヴラがペナルティーエリア内で倒されてもスルー。
ラファエルが倒されてもスルー。
ハンドでもスルー。
セルジオ・ラモスなんてイエロー2枚で退場してもおかしくなかったのに...

そんな試合でした。
[PR]
by jukmann | 2013-03-06 12:57 |   - CL | Comments(0)

香港から30年ぶりに帰国して単身で頑張っているおっさんです。


by jukmann
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31